香川風俗お遍路への旅立ち

翌日、朝一でシャワーに入り、入念に身体を綺麗にする。
これから風呂に入るのにおかしなもんだと、思わず自分でも笑ってしまった。
母親にはまだヤリ残したことがあると伝えた。
母親が昨夜、父親にお遍路の旅を終えたことを伝えると、やはり涙を流して喜び、歳のせいか滅多に飲まなくなったお酒を浴びるほど飲んだらしい。
また新たな旅に出ることを両親は知らない。
少し胸が痛むが、それも俺の新たな悟りに近づく一歩だと思って諦めてほしいと思った。

身体を綺麗にした俺は、栄養剤を飲み、深呼吸する。
記念すべき1店舗目はソープにする。
そのままはしごして、ファッションヘルス、ピンサロで今日は終えることにしよう。
明日はデリヘルと店舗型ヘルスだ。

大丈夫、もう道順は決めている。
道に迷うことはないのだ。
俺はもう昔の俺じゃない。
あの厳しいお遍路を終えた俺なのだ。
お遍路によって、逞しくなった肉体と強靱になった精神と、天を指さすように勃起するチンコを持っているのだ。
そしてまた、新たに香川風俗お遍路の旅に出ようとしている。

風俗バイトに関する物語

○風俗バイトにおける印象的な出来事

あるデリヘル店の求人情報を見て風俗バイトとして働こうと思いつき面接を受けた私は、そのときのスタッフの対応に少し感動し体験入店をすることになった。体験入店だからフリーのお客さんに呼ばれて、車に乗せられながら宇都宮のラブホテルに向かう。そこにいたお客は私と同年代のサラリーマン風の男。まずは挨拶を済ませ、一緒にシャワーを浴び、ベッドに入ってプレイを行う。今まで東京のデリヘルで10年以上の経験があり、やっていることも同じなのでこの一連の流れには何の不安もなかった。いつものように何の問題もなくプレイが終わったのだ。 ただその男はプレイが終わった後、「上手いね」「すごい気持ちよかったよ」と人懐こい笑顔で声をかけてきた。 そして男は「実は僕はリストラされて、今日は思いっきり贅沢をして 明日から仕事探しを頑張ろうと思っている」と話しかけてきた。そして「でも良かったな。こんな可愛らしい子とプレイができて」と続ける。そんな話を聞きながら同年代でこの人も同じような境遇にあるのだと思い、自分の今までの経験や状況について話すことにした。これは今までの風俗バイト経験の中でもかなり異質のことだったため印象に残っている。

○風俗バイトが関係した友人関係

あるとき風俗バイト先の風俗店で友人が私を指名しました。プレイが始まり「友人に脱がされようとしている」と思った私は泣き出してしまいました。当然友人も困惑してしまい、オロオロしながらも私にタオルを手渡してくれました。私は貰ったタオルで涙を拭うと、実は友人であることを告げました。すると最初は、何泣いているんだこいつ、という視線を渡しに送っていた友人もとっさに恥ずかしくなったのか脱いでいた服を着込んで、何度も謝ってきました。地元風俗店で風俗バイトとして働くとこんなこともあるのかと思い知らされたのですが、せっかく高いお金を払って体験入店の私を指名してくれた友人を満足させたいと思い直し、別々にシャワーを浴びることを提案して、今までで培ってきたテクニックを思う存分に発揮しました。無我夢中でサービスを終えると互いに顔を見るのが恥ずかしくなったのですが、連絡先とお金を入手した私は、帰りに二人でシャワーを浴びて店へと戻りました。後日談ですが、友人と私は付き合うことになります。そして別の風俗バイトの求人に応募したことを知られると大ゲンカした挙句別れる羽目になりましたけどね。

熟女風俗店にいる出稼ぎ嬢

○八王子など東京郊外の熟女風俗店にいる出稼ぎ嬢の種類

東京郊外の中でも比較的発展している街である八王子や町田は、駅前などにラブホテルやビジネスホテルなどが多いためデリヘルやホテヘルといった移動型風俗店が盛んです。そのため近隣地域在住の女性だけでなく、出稼ぎ風俗嬢を採用することでお店を回しているところも少なくありません。それは人妻・熟女系の風俗店においても同じことが言え、遠方地域から働きに来るという風俗出稼ぎをしている人妻・熟女も増加傾向にあるようです。また移動型風俗店が盛んであるため八王子などで熟女と遊ぶためにはホテルを使うことになります。そのため遊ぶときは、風俗店のホームページや風俗情報サイトなどに書かれている料金以外にホテル代もかかるため余裕を持っておいた良いでしょう。そんな東京郊外の熟女風俗店では道具を使って「夜這い」プレイを楽しむことができるお店もあり、いけないことをしているという背徳感を得ることができます。また外で待ち合わせをしてそのあとホテルに行ってプレイをするという「待ち合わせ」型のお店もあるので、まるで不倫をしているかのようなドキドキ感を得ることができるでしょう。このように八王子などの熟女風俗店ではプレイ以外の部分でも興奮を味わうことができるのです。またそれは他地域から働きに来ている出稼ぎ風俗嬢にとっても同じかもしれません。

○八王子などの熟女風俗店などにいる出稼ぎ嬢

八王子など東京郊外の熟女風俗店には20代後半の若妻から、60代などという年齢の女性など幅広い年齢層の女性が在籍しています。似たタイプの女性を集めた専門店もあれば、様々なタイプの女性を取り揃えたお店もあるのでお店や遊ぶ女性を選んでいる時間も面白いでしょう。そのような品揃えを実現させるためには、当然出稼ぎ風俗嬢を採用する必要があるのです。ちなみに20代後半など比較的若い女性の場合は、スレンダー体型・肌がキレイといった特徴がありますが人生経験が豊富ではありません。ただこれから徐々に経験を積んでいく途中なので、何度も通って自分好みの大人の女性に育て上げていく楽しみがあります。それに対し人によっては両親と同じくらいの年齢である60代女性は、若い女性に比べて肌のツヤなどはないかもしれませんがその分豊富な人生経験で培った包容力が魅力です。そのような年齢層の女性が他地域からの出稼ぎ風俗嬢として働くのは容易ではありませんが、相当数存在していると言われています。彼女たちは落ち着いたサービス対応もできるため、仕事などで感じた辛いことなどを吐き出し精神的に楽になれるかもしれません。このように東京郊外などにある熟女風俗店にはその年代にあった魅力を持つ女性が多いため、そのときの気分にあわせて指名してみると良いでしょう。

八王子高収入バイトを行うAV女優

○八王子高収入バイトのスタート

母の荷物を取りに戻るため八王子の実家へと帰宅する道中に、メモしたデリヘルから一番待遇の良い求人情報を選んだ私は、実家に着くと早速電話を掛けました。それが八王子での高収入バイトのスタートでした。AV女優であることを明かそうと考えましたが、まだ事務所に風俗で働くと伝えていないことを思い出して素人の女の子のフリをして、翌日に面接の約束を取り付けました。面接の約束をセッティングした私は母に頼まれた本を探すということではなく、事務所へ連絡を取るということでした。事務所にデリヘル店で働きたいと開口一番に告げると、当然反応は苦いものでした。そこで、私は来月の新作がデリヘル嬢であることを制作会社に確認させてどうしても働いておきたいと告げると、女優名を出さないことを条件に許可をもらうことができたのです。翌日八王子の高収入バイト先であるデリヘル店の事務所へとやってきた私は、単体ビデオを撮影するほどのAV女優であることを明かして、女優名を使わないことを条件に働いてもいいという事務所の許可も得ていることを伝えました。すると、たまたま面接をしてくれた面接官が私のデビュー作を見てくれていたこともあり、通常の3万円より高い料金を設定することで私をデリヘル嬢として雇ってくれることになりました。かくして私は自分の経歴を活かして八王子で高収入バイトをすることになったのです。

○八王子の高収入バイトでまさかの出会い

デリヘルの求人に応募して面接をスムーズに終えたAV女優の私は、本番さえしなければどんなサービスを行っても良いことだけ伝えられると、宣伝写真用のグラビア撮影を行い、翌日の出勤を約束して母の病院へと向かいました。後日談ですが、AV女優の影響力はすさまじくHPに写真をupした途端に事務所の電話が鳴り続けて、通常よりも高い値段にも関わらず翌日8時間の出勤時間の予約は10分で終了したそうです。 翌日八王子高収入バイト先のデリヘルへと実家から出勤した私は、記念すべき一発目のお客さんにサービスをするべくドキドキしながら指定されたホテルへと向かいました。どんなお客さんなんだろうとドキドキしながら部屋へと辿りつくと、何とAV監督が部屋の中にはいたのです。予期せぬ知り合いの出現にビックリしましたが、事前に事務所からデリヘルで働くことを知らされていた監督は、HPにupされる前段階で予約を取っていたそうです。性への執念に飽きれながらもデリヘル初出勤で緊張していた私の緊張は少し和らぐことができました。こうして私の初出勤はAV監督というまさかの自体でしたが、おかげで緊張が解けて以降のサービスもAVのように楽しめたので監督に感謝です。当然通常よりも多くの金額を支払ってのプレイだったため、八王子の高収入バイトを行う私の懐具合を考えても嬉しいことでした。